忍者ブログ
旧 今日の田中(仮名)
AdminRes
<< 04  2017/05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    06 >>
[1] [2] [3] [4] [5
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近は田中も原チャリで来たりする。

しかし仕事が終わった後にどこかへ行く事になっても、車に乗せていってくれと言う。
以前はママチャリで待ち合わせた場所なのに原チャリでは行こうとしない。

原チャリだと法定速度をキッチリ守るため、メチャメチャ遅いそうだ。
噂によると右折も出来ないらしく、歩道で原チャリを押して歩く田中を見た!という目撃情報が何件か寄せられた。
田中の夏休みの間にぜひ一緒に走ってみたい。
PR
田中を連れて東京に行く事になりそうだ。
詳しくは後々書いていくが、東京に行ったらどこに行きたい?と聞いてみた。

銀座
原宿
飛騨高山
巣鴨

勝手に行ってください。
田中(仮名)はママチャリをこぐのが早い。
市街地で2〜3キロくらいだったら車と変わらない時間で到着する。先日も待ち合わせ場所に向かっていると、後ろからものすごいスピードで田中に抜かれた。よくある怖い話で四つん這いの女の人に抜かれるという話を思い出してしまった。
車のメーターでは40キロくらいのスピードが出ていた。それくらいだったら俺も走れるよという人も多いかもしれないが、このスピードで歩道を走っている田中が恐ろしい。
気をつけろよ!
「お土産を買って行くから少し早めに行く」
と田中に話して駅に向かった。
出張なのでお世話になってる取引先に渡すためである。

残された留守番の田中はM氏に話したそうだ。

「弘前でお土産買ったって誰も喜ばないですよ!」

M氏は言葉の意味が全く理解出来なかったが「何で地元の人に弘前で買うんですかね?」と田中が続けたのでやっと理解したそうだ。

田中の頭にはお土産は貰う物という考えしかないらしく、お土産を買っていくという考えはないらしい。

次の出張の時には田中の分だけ弘前で買おうと決めた。
タイトルを読んで田中の記憶力の悪さを期待した人がほとんどだと思うが、実はそんなに悪くないのかもしれない。
なんと田中はスターウォーズのボトルキャップ60種類の番号と名前がほとんどわかるのである。もともとスターウォーズが好きなわけではない。映画公開直前になってエピソード1と2を強制的に見させただけである。
私もボトルキャップを見て名前を言うくらいなら出来るが、番号までは覚えていない。
他にも店の在庫などはかなり記憶している。

田中「エラい!」とほめてやりたいのだが、田中は頼まれた仕事はすぐに忘れる。忘れるまでに30秒あれば充分かもしれない。
田中には瞬間の記憶力が少し足りないようだ。たっぷり時間をかけた作業はほぼ完璧に覚えているのだが、「この仕事を終わったらこれをやって」などという指令は後半の仕事はほとんど忘れている。

ハードディスクは100ギガでメモリは16メガという使えそうで使えないパソコンのようだ。
先日、スパイダーマンのKUBRICKの在庫がある場所がわからず、「キューブリックのスパイダーマンの在庫ってなかったっけ?」と田中にメールした。
帰ってきた返事がこれである。

読みづらい人のためにもう一度書くが『あるけどなんした!?』である。
津軽弁のわからない人のために説明すると「在庫はあるけどそれがどうした!?」と田中の方が格上の返事である。

友達と間違えているんだろうなと思ったが、お客さんも待っているので笑って無視した。その後16:42に田中から着信があったのだが、レジを打っている途中だったので保留ボタンを押した。
これで田中はかなり「ヤバい!」と思ったらしい(笑)

その2分後、再度田中から電話があったのだがその時もレジを打っていた。
これも保留ボタンを押したら面白くなりそうだなと思ったが、放置しておくと更に電話をかけて来るのはわかりきっている。忙しい日でこれ以上かけられても困るのでしかたなく電話に出た。
「本っ当〜にすみませんでした!!」
予想通りで爆笑したがヒマな時にこういうネタはやってくれ。

P.S やはり文字と写真では限界があります。まずはボイスレコーダーを買って音声を伝えられるよう頑張ります。


メディコムトイさんから発売されたダースベイダーはカッコいいのだが、高価な商品なので「お手を触れぬようにお願いします」と注意書きをするほど丁寧な扱いをしている。

このダースベイダーをIちゃんに来週まで取り置きして欲しいと言われた。
Iちゃんはフィギュア好きの女の子で「今日の田中」コーナーも読んでいる。
ちょうど田中がバイトにやって来たので「一番カッコいいのを選んで来て」とお願いした。

私の頭の中で定番のストーリーを思い浮かべていた。
田中が選んで持ってくる→どこが選んだポイント?と聞く→田中がワケのわからない事を言う→Iちゃんがウケるといったベタベタなストーリーだ。

ワクワクしながら待っていたのだが、田中はなかなか戻って来ない。
しばらくしてなぜか手ぶらで戻ってきた田中は言った。

「触っちゃダメって書いてますよ。」

アハハハ!!さすが田中さんです!!予想も出来ない答えです。
これには私もIちゃんも爆笑!!
なかなか戻って来なかったのは、触っちゃいけない物をどうやって持っていくか考えてたんだな。一休さんのトンチじゃないんだぞ(笑)
田中の今日最高の仕事だった。
田中は梱包もかなりうまくなってきた。
特にプチプチで巻くのは完璧に近いデキである。
そんな田中は段ボールに詰める時も仮組みをして適度な大きさの物を選び、
隙間には新聞紙を詰めるという完璧な作業をする。
最後にガムテープで閉じて終了。

で、完璧なはずなのだが田中は仮組みのまま荷物を詰め込むので
持ち上げると底が抜ける....。
田中は記憶力が悪い。
郵便局から発送する商品を忘れないように、田中のかばんと一緒にしておいてもしっかり忘れる。
しかも頼まれた事じたいを忘れているし、頼んだ時には「はい!わかりました。まかせておいて下さい!」と返事をするので余計にタチが悪い。
その時に渡した送料分のお金がポケットに入っていて、自分のお金じゃないと気が付くのはいいのだが送料だという事は全く思い出せない。

そんな田中が店を閉める時には、ヘルメットを忘れないようにすでに店内で被っている。
先日、店の非常ベルが鳴ったので、建物の管理事務所に問い合わせて誤報だった事がわかった。
それから約30分後、こっそりと田中(仮名)が私のところにやってきて恐る恐る聞いた。

「さっきの非常ベルは自分がタバコの火を消し忘れたとかで鳴ったわけじゃないですよね?」

田中ー!本当の火事だったらとっくに避難してるに決まってるだろうが!!
田中は実際に火事になった時に物を持ち出そうとして逃げ遅れるタイプだと思った。
前のページ    HOME    次のページ

Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory
photo by Spica*port    icon by Egg*Station

忍者ブログ [PR]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[03/26 JUNK SHOP REBEL]
[03/24 you☆]
[02/12 JUNK SHOP REBEL]
[02/12 ken]
[09/16 JUNK SHOP REBEL]
プロフィール
HN:
JUNK SHOP REBEL
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
カウンター