忍者ブログ
旧 今日の田中(仮名)
AdminRes
<< 09  2017/10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    11 >>
[1] [2] [3] [4] [5] [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

田中とO氏と私の3人でビリヤードをやった。もちろんうまくはない。
マグレで華麗なショットが決まると「よっ、ハスラー!」と叫んでいたのだが、田中が突然「ボヘミア〜ン」と歌いだした。
案の定「ハスラー」と「ハスキー」をかけてのボケで面白くも何ともなかったのだが、後になって一つの疑問が浮かんだ。

ハスキーと言っているので、当然「葛城ユキ」が歌ったボヘミアンであるわけだが、この曲が発売されたのは1983年なので23年前の事である。
19歳の田中が何で知っているのだろう?
過去のヒット曲を集めた番組で紹介されたとしても、そんなに頻繁にかかるわけでもないだろう。
やはりどうでもいい事だけは知っている田中である。
PR
引っ越し作業中の話である。
田中はパワーが全くないし不器用だしで引っ越し時の主な作業は分別である。
必要な物と不要な物に別けてから、燃えるゴミと燃やせないゴミなどに別けるのも田中の役目である。
ただ田中は必要な物と不要な物に別ける段階で、自分の欲しい物も選別しているのでなかなか作業が進まない。
おまけに「持っていっていいよ」と言った物も帰る時には忘れていく。
結局、田中は引っ越しではほとんど役に立たない。

田中の余りの情けなさに「もうちょっとちゃんとヤレ!」と言うと「自分は引っ越しで力を出さないタイプなんです」と言った。

「出せるんだったら出せ!」

旧店舗から新店舗への引っ越し作業も残りわずかとなっているが、今回は在庫を運んでいる時の話である。
新店舗は狭くなるので2階に在庫を置く事になる。2階は人が住めそうな空間で台所、6畳間、5畳間、トイレとなっている。
今のところ台所が梱包部屋、6畳間がパソコン&在庫部屋、5畳間が在庫&開封部屋となっている。
たぶん田中は5畳間で活動する事が多くなるで「今度から田中が作業する部屋はここになるから」と伝えておいた。

その夜も旧店舗から荷物移動をしていた。2階への階段は急なのでリレー形式で田中が階段を担当していた。荷物を手渡す時に田中から聞かれた。

「この荷物は田中部屋へ運べばいいんですか?」


勝手に部屋に名前を付けるな!

旧店舗では一番奥の部屋、黒い部屋などであったのに、田中部屋だとお前のおもちゃ等の私物を置かれそうで恐いだろ!

1月22日の時点で私とHちゃんも何の疑問も持たずにその部屋を『田中部屋』と呼ぶようになっていた。
なぜか今まで1回も書いていなかったのだが、田中は難しい事で頭を使うと

「頭が筋肉痛」

になるそうだ。
私は田中をよくパシリに使う。
昨日もコーヒーを買いに行ってもらった。1000円札を渡して買ってきてもらったのだが、自分の分を買ってこなかった。

「田中、自分の分はどうしたの?」
「店長に『買っていい』って言われていないんで買ってこなかったです。」

いつもは自分の分も買って「それじゃあ、いただきます」とか勝手に飲んでいるのだが、どうした事であろう。

「田中、私が自分だけ飲むわけにいかないだろ。自分の分も買ってきな。」

「自分は飲みたくなかったんですよ。じゃあ、お金だけもらっておきます。」

それは絶対に嫌だ!!
旧店舗からの商品移動が続いているが、昨日は手伝いに来たSが古着のウェスタンシャツで迷っていた。
新店舗で出すスペースもないし、手伝いに来てもらってるんで「2枚で800円、3枚だったら1000円でいいよ」という事で迷いまくっていた。

Sは美容師でめちゃくちゃ迷う男である。
「これはさわやか過ぎない?」「サイズでかくない?」とか延々と迷って決められずにいた時に田中がやって来た。

Sはウェスタンシャツを試着して「これ、どう思う?」と田中に聞いた。
私は『何でもいいから購入する気になる事を言ってくれよ』と願いながら田中の答えを待っていたが、田中に期待した私がバカだった。

「寒そうですね」

試着してんだよ!この真冬にウェスタンシャツ1枚で歩くわけないだろ!
上着は後で着るから心配しなくていいの!!


結局、そのシャツは却下された。
今回は軽いネタで。


写真はわざわざ洋書の絵本を買って読んでいる田中である。
もちろん英語が読めないので理解できる単語を読んでいるだけだと思う。
わざわざダーツ場で読んでいるのは、みんなに洋書を読んでいる事をアピールするためだと思う。


こちらの写真はすき屋で晩飯を食う直前である。
19歳にして堂々とお子様セットを頼める田中が羨ましい。
またまた重役出勤してきた田中が出勤して来るなり財布を取り出した。
「これ昨日のお金です。」
前回ブログのラーメン屋でかかった料金である。

昨夜、田中は私が更新作業をしている間に、田中と同じ年のケンちゃんと1つ年下のヒロくんにラーメンを奢る約束をしていた。
ケンちゃんが醤油ラーメン、ヒロくんがチャーシューメン、Hちゃんがミソラーメンを餃子セット、私がネギミソラーメンを頼んだ後に田中が注文した。

「餃子と煮卵」

餃子が¥270煮卵¥80の合計¥350。
「もっと頼みなよ」と言ったのだが、「自分お腹空いてないです。」と他には注文しなかった。
仕方がないので私のネギミソラーメンをミニ牛丼セットにしてもらい、ミニ牛丼は田中に食わした。

「私の奢りでいいよ」と言ったのだが、「それだと自分がケンちゃんとヒロくんに奢った事になりません!」と田中が譲らない。
仕方がないので私とHちゃん、田中の分を私が払った計算をして合計¥3230のうち¥1000だけ受け取った。

返そうという心がけは立派であるが、そもそも所持金¥390だった田中がラーメンを奢る約束をするんじゃない!
仕事が終わってからお客さん2人と私、田中、Hちゃんの5人で一緒にラーメン屋に行った。一緒のお客さんは田中と同じ19歳と1つ下の18歳だった。18歳の子は大学受験を控えていたので、さまざまな問題が出題されていた。
しばらくすると田中の学力が他の二人よりやや劣っているとわかったので、田中に対しての問題ばかり出題されるようになっていた。

「一週間を英語で言える?」という問題の時だった。
しばらく考えた田中は「月曜から始めていいですか?」と断ってから「マンデー」と答えた後にまたしばらく考えていた。

どうやら田中には『いい国つくろう鎌倉幕府』のように簡単な暗記法があるらしい。やがて思い出した田中は一気にしゃべりだした。

あなたとチューズデー

子供が泣いてウェーンズデー

雨が降ったら傘をサースデー

今日のおかずはフライデー

ズームイン サタデー

ホームセンター サンデー


さすが田中さん、完璧である(笑)
受験生の子もいい気分転換になったであろうが、英語の試験中に今回の事を思い出さないように願いたい。
前回のそろばんの話は更に続いた。
「弟もそろばんをやっていて満点合格だったんでトロフィーをもらったんですよ。」

田中には姉と弟がいるが田中が言うには弟が一番頭がいいそうだ。
田中「そのトロフィーを弟が置く所がないからって自分にくれたんですよ。」
私「それで嬉しいのか?」
田中「それが意外に嬉しかったんですよ」
確かに弟は頭がいいようだが、お前はそれでいいのか?

その後、話は違う方向に進んだのだが『田中はバカだ』という話になった時に「いやいや、バカなやつが珠算で4級は取れないですよ」と私が言うと田中が信じられない発言をした。

「珠算って何ですか?」

私は田中が4級を持っている事を絶対信じない。
    HOME    次のページ

Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory
photo by Spica*port    icon by Egg*Station

忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[03/26 JUNK SHOP REBEL]
[03/24 you☆]
[02/12 JUNK SHOP REBEL]
[02/12 ken]
[09/16 JUNK SHOP REBEL]
プロフィール
HN:
JUNK SHOP REBEL
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
カウンター