忍者ブログ
旧 今日の田中(仮名)
AdminRes
<< 06  2017/07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    08 >>
[410] [409] [408] [407] [406] [405] [404] [403] [402] [401] [400
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

お店には子供を連れてくるお父さんやお母さんも少なくない。
お母さんはともかくとして、お父さんが子供を連れてくる場合は自分の興味がある物を見たくてやってくる。

しばらくすると子供より自分の欲しい物に夢中になってしまう。

そんな時の私たちの仕事は子守りである。

もちろん買って欲しいからゆっくり見れるようにという意味もあるが、うちの店は狭いし細かい物もいっぱいあるので危険な事を回避する為でもある。

私自身は独身なので子供はいないがなつかれる方だと思う。
元スタッフHちゃんも子供には人気で小学生の女の子が通いつめていたくらいだ。

ところが田中は特に子供がキライだという事もないのに、全くと言っていいほど子供になつかれない。


ある時、お子さん連れのお客様がいらっしゃった。
何歳くらいだろう?
子供のいない私にはわからないのだが、自分で歩けるけど時々ダッコしてもらうくらいの年齢である。

私は別のお客さんと話しながらその子供に注意していた。

その子供と田中の目があったようである。
田中は子供に対しておどけてみせたのだが完全に無視されていた(笑)


この記事を書いている途中にもお子さん連れのお客さまが来ていた。
ダッコされた子供がソフトクリームの形のキーホルダーを触ろうとしてたのだが、お父さんが触らせてくれない。
それを見た田中が『ドーゾ!』と言ってキーホルダーを差し出したのが、完璧にそっぽを向かれてしまった(笑)


前までは何でこんなになつかれないのかわからなかったのだが、まりこ先生のブログを読んだ時に気が付いた。

二番目の子供が産まれてかわいがっていると上の子供は人気を奪われたと考えるらしい。(注・・まりこ先生に書いていたのは甥っ子さん)

別に田中がかわいがられているわけではないが、田中と接した子供達は本能的にライバルだと感じてるのではないだろうか。

子供にライバル視される二十歳の男。
田中だったら納得出来る。
PR
コメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Messege
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
無題
私、生身の田中君にはじめてあったとき、まだまだ子供だな〜って思ったんです。
店長さんの言うとおり、田中君にあった子供たちは、自分よりも上とか下とかそういうのはなく、同学年のライバルのような感覚に陥るのではないかと・・・。

子供にとって、田中君は「おにいちゃん!」って雰囲気ではないですよね。
tamamariko URL 2006/08/16(Wed)01:00 編集
無題
まりこ先生の言う通りだと思います。
そのうちライバルじゃなくて、小学生くらいの遊び友達が出来る事を期待しています(笑)
JUNK SHOP REBEL 2006/08/16(Wed)17:44 編集
トラックバック
この記事にトラックバックする:

Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory
photo by Spica*port    icon by Egg*Station

忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
[03/26 JUNK SHOP REBEL]
[03/24 you☆]
[02/12 JUNK SHOP REBEL]
[02/12 ken]
[09/16 JUNK SHOP REBEL]
プロフィール
HN:
JUNK SHOP REBEL
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
カウンター