忍者ブログ
旧 今日の田中(仮名)
AdminRes
<< 11  2017/12  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    01 >>
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

かなり仕事がテンパッてますが現実逃避で少し書いてみます。

先日、田中が遊びに来ていた時だった。
田中も良く知っているNさんがやってくると、田中はパタパタパタっとNさんに近づいていった。

ボーナスの計算方法について聞いているようだ。
私の位置からは良く聞こえない場所だったが、時々テンションの高くなる田中の声だけは聞こえてきた。

「基本給の○ヶ月分ですか!!」

「と言う事はですよ。○○万円!?」

「それは保険とかも引かれるんですか?」

聞き終わった田中はかなり満足したようだった。

ボーナス後の田中の行動が楽しみである。


PR
田中に手伝ってもらい帰りに奢った翌日である。
田中は二連休でその日も手伝ってくれていた。

しばらく作業をしていて田中が突然言い出した。

「そういえば昨日、店長に言い忘れた事があったんです。」

何かテンションの低い声で話しだしたので、何かミスをやらかしたのを報告し忘れたとか、一緒に遊ぶ予定の日に用事を入れてしまったとかドキドキしながら次の言葉を待っていた。

「昨日、飯奢ってもらったじゃないですか。あの時、自分ゴチソウサマを言うの忘れていたっす。」

気づくのは感心なんだけど、何もそんなに大げさな話し方をしなくてもいいんじゃないかと思う。

まあ、人として間違っていないのだが、もっと大切な事を忘れた時は忘れた事さえ気づかないでいる。


昨日は仕事がかなり残っていた。
確実に残業2時間コースだったのだが、そこに救世主田中が現れた。

ちょうど田中向けの作業がかなり残っていたので、作業はどんどんスピードアップしていき余裕さえ出てきた。

「田中くん、助かったよ。」

「いやいや飛んでも8分、歩いて10分ですよ。」

「何か晩飯でも奢るよ。」

その時、田中は大あくびをしていた。

「眠いだろ?」

「いやいや、すみません。今日は早起きしたんで。」

「何時に起きたの?」

「6時です。どうしても休みの日は早く起きちゃうんですよ。仕事の日は家の人に頼んで7時30分に起こしてもらうのに、休みの日は目覚ましもかけないで自分で目が覚めるんですよ。」

田中は休みの度に遠足の日の小学生の気分になっているようである。


時間がなくてなかなか更新出来ない毎日が続いているのだが、気分転換に短いのを一つ。

クリスマスが近づいてきているが、今年はあっちこっちでクリスマスをちょこちょこやろうと思っている。

まあ、飲むためのただの口実であるのだが、田中も一緒に行くクリスマス会のためにケーキを予約する事になった。
一緒のメンバーには前に登場したRちゃんもいる。
Rちゃんがケーキのカタログを見て言った。

「このモンブランケーキ美味しそうじゃないですか?」

前から読んでくださってる方はご存知のように、田中はモンブランが苦いからキライだと言う。確か生クリームもダメだったと思う。

面倒なヤツだなあと思いながらも、その日は田中の車で送り迎えしてもらう予定なので、選ぶ基準は田中が食えるかどうか考えて決めた。

悩んで決めたのはいいのだが、『自分あんまり得意じゃないです。』と言いながら、キライなはずの物をバクバク食いだす時も多いのでやっかいな男である。


今月はやる事が多くてなかなか更新出来なかった。
月末の商品が入荷して書けなくなる前に少しだけ。

『○○が入荷したら取り置いてくれ。』『○○を取り寄せてください。』などといった注文は、田中がいた時は『仕切書』という伝票に書く事にしていた。
この伝票は複写式になっていてお客様に1枚、お店にも記録が残るようになっている。
だが、田中も私もズボラなので、伝票をあっちこっちに置いて捜すのに時間がかかったりもした。
現在はパソコンに記録している。

先日、田中がいた時にお客様から注文が入りパソコンに記録していた。

「あれ?店長。始末書に書くのやめたんですか?」

たぶん『こち亀』で得た知識だろうが、田中が言うと妙にリアルで失笑しか出来なかった。


田中がやってきた。前の日は朝の4時まで飲んでいたらしい。

「居酒屋で高校の時に何の教科が得意だった?という話になって、そこから勉強の話になったんですよ。」

田中の話によると県庁所在地を言う問題などだったらしい。
私も田中によく出題していた。

「横浜市のある県は?」

だいぶ前はとんでもない答えが返ってきたような気がするが、田中は余裕で答えた。

「昨日やったばかりですからね。さすがにわかりますよ。」

その後、那覇は?金沢は?と聞いてみたが完璧であった。

「鹿児島は?」

「おや?それは出なかったですねえ〜。薩摩でしたっけ?」

やっぱり完璧ではない田中であったが、前よりは進化しているようだ。
だが今回のオチはここではない。話を先に進める。


「外国の首都を当てるのもやったんですよ。」

田中は一人で国名と首都をしゃべりだしたが、私は海外の首都は得意ではないので黙っていた。

「スペインが...,、あれっ?昨日スペインもやったんですよ。何だっけな?えーっとあっ!!レアルマドリード!!昨日やったばかりなので間違いないですよ。」

レアルマドリードってサッカーのチームじゃないの?と言いたかったところだが、自信のない私は黙っていた。

田中が帰った後で調べたがスペインの首都はマドリード
ツッコんでおけば良かった。


前回どんどんしかってやって下さい。と書いたものの、次に会う時にテンションダウンの田中と会うのもどうかと思うので、田中の大物っぷりを示す封印していた事を書いてみたいと思う。
半年くらい前の話で桜祭りの時の事である。

(参照)
田中(仮名)と桜祭り

田中(仮名)と桜祭りの後


桜祭りに参加していた中にはZさんという方もいた。
ちょうどハローワークの求人募集の紙に載っていたのだが、従業員200人の会社の上から数えた方が早い役職の方である。
このZさんはROLEXエクスプローラーを農作業用に使い、20万円のビリヤードのキューを『安物だから使っていい』と私に貸してくれている方である。

田中もZさんを知っていて桜祭りでは隣で飲んでいた。
今でも田中は酒が弱いがその頃は更に飲めなかった。
だが缶チューハイだったらある程度飲める事がわかり、そこそこのペースで飲んでいた。

田中自身も『あっ、おいしいですね。これなら大丈夫です。』と言っていたような気がする。

だが、あまり酒を飲んだ事がないのでペースがわからないのだろう。
ジュースのように飲んでいた田中であったが、やがてその時がやってきた。

『△×◎▼□!×?』

いきなり後ろを向いて吐き出した。
ブルーシートの上で飲んでいたので、当然脱いだ靴も後ろに置いてある。
直撃はなんとか避けたようであるが隣に座っていたZさんが叫んだ。

「あー!エアマックスが!!」

跳ねた液体がZさんのナイキ エアマックスに数滴飛び散ったようである。

念のためだがZさんは激怒しているわけではない。
田中のキャラを知っているのでイジっているのである。
もちろん田中は超必死で謝っていた。(笑)

その後、場所を変えたのだが、酔っぱらってグッタリしている田中にZさんが水を運んでいる姿を目撃した。

やっぱり田中は大物でしょ。


田中と焼き肉を食いに行った時の話である。
会社での事を話しだした。

「『今日の田中(仮名)』会社で大ハヤリですよ。」

『大げさだな。』とは思ったが読んで下さっている方がいるという事は、書いている私にとっては嬉しい事だ。

田中は話を続けた。
「会社の人がヤフーで『今日の田中』って検索したら1番に出て来たみたいで、『ヤバイぞ!こいつ。全国区だぞ!』って話になって。」

『今日の田中』で検索する人はほとんどいないとは思うが、確かに1番に出て来るようだ。更に田中は話を続けた。

「前に営業の人に怒られてたんですよ。そしたら隣にいたもう一人の営業の人が『やめておけよ。そいつ全国区だぞ』って言い出して、あまり怒られずに済んだんですよ。」

大笑いさせてもらったが、これで甘やかしては田中のためにならない。
仕事中に怒られた話を具体的に書いたりはしないので、ミスしたらどんどんしかってやって下さい。


*『いつ更新してるの?』という質問が会社の人からあった事を田中から聞きましたが、不定期更新としか言えません。
田中とは1週間に1回しか会わないのに、このコーナーが続いている事自体が不思議です。

電気屋さんのCDコーナーで新譜も割引しているという事で田中の車で向かっていた。

車の中で田中が言った。

「店長、携帯電話がいくらになるか書いた紙持ってきました!」

エラい!少しは携帯電話を売る気が出てきたらしい。

電気屋さんの閉店時間が迫っているので、とりあえず電気屋さんに行ってから見せてもらう事にした。

CDを買ってあとは帰るだけになった。
閉店までにはまだ少し時間があった。

「田中くん、とりあえず携帯電話の値段を比べて見ようよ。」

「あっ、そうですね。」

量販店とどのくらいの価格差があるか知っておかないと、やはりすすめにくいだろう。


田中が扱っている携帯電話のメーカーの前にやってきた。

田中はポケットからごそごそと紙を取り出すと、堂々とその場で自社価格と比べだした。

「機種変だとそんなに違わないですね。でも新規だとあきらかにうちの方が高いです。これじゃ絶対買わないですよ!」

他店の価格調査ってそんなに堂々とやるもんなの?


*とりあえず機種変の価格差はほとんどありませんでした。
興味のある方はお問い合わせを。



田中が店にやってきた。
低いテンションで話し始めた。

「店長、携帯電話を新規で契約しそうな人、いないですよね?」

田中の会社では携帯電話も扱っている。
新規1件、機種変更1件の契約を取らなければならないらしいのだが、値引きが無いという最悪な条件らしい。

私は違う携帯会社なので役に立てない。
値引きが無いという最悪な条件ではあるが、田中の人望と笑いと労働力で契約してくれそうな人を捜してみる事にした。

「値引きなしで携帯電話を買うといくらくらいなの?」

「わかりません・・・。」

最初から契約を取れると思っていないらしい。

会社内でも『新規の契約をどうやって取るか?』と聞かれた時に『中学校の前で声をかけます』と答えたそうである。

田中は計画性0なんで、田中から携帯電話を買うと『こんないい事があるよ』という事を考えてみた。

*タイヤ交換をただで(スタンドでやってもらう人だったらお得。)
*洗車をただで(手洗い洗車は新米田中が得意とする作業だろう。)
この辺はプロなんで完璧だろう。

他にも雑用全般をやってくれるとは思うが、ちゃんとやってくれるかどうかは別の話である。

月曜しか休みが無いので携帯電話の割引分の元を取れるか微妙であるが、それでも田中から買う事にメリットを感じる方はぜひご連絡を。


前のページ    HOME    次のページ

Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory
photo by Spica*port    icon by Egg*Station

忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
[03/26 JUNK SHOP REBEL]
[03/24 you☆]
[02/12 JUNK SHOP REBEL]
[02/12 ken]
[09/16 JUNK SHOP REBEL]
プロフィール
HN:
JUNK SHOP REBEL
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
カウンター