忍者ブログ
旧 今日の田中(仮名)
AdminRes
<< 11  2017/12  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    01 >>
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

帰ろうと思い出発したのは午後7時。
途中でダーツ兄弟の兄の勤め先に寄り道したとしても、帰りは有料道路を使う予定なので午後10時頃には弘前に帰れるだろうと思っていた。

とりあえず走る。

走る....。

う〜ん、ここはどこだろう。
完璧に迷子になってしまった。

私も南部方面の地理がわからないくせに感で走ったのが大失敗であった。
方向音痴が感で走るとこうなる事はわかりそうなものだが、地図をゲット出来なかったので仕方ない。

しばらく走ると高速の標識発見!

だがここで困った事に気がついた。
高速を使って三沢まで抜けたいのだが、間違った場合は岩手、秋田を経由して大回りで弘前に向かう高速に乗ってしまうような気がする。

標識には何だかわからない地名が...。
結局、見送ってしまった。

更に迷子を続けているところへダーツ兄弟の兄から電話が入った。
明日には兄も弘前へ来るそうなので無理してくる必要は無いとの事。

迷子になった時点で寄り道はなんとなく無理っぽい気がしていたが、とりあえず今は帰り道を捜さなくてはならない。
兄に聞くと『とりあえず十和田市へ向かえ』との事だった。

人から指示をもらうと何となく行けるものである。
数分走っていると左折で十和田市という標識が見つかった。

信号を左折。

・・・行き止まりだった。

バイパスのような広い道路を走っていて信号を左折すると行き止まり。
もう笑うしかなかった。

結局、次の信号を左折すると来る時に通った道に戻れた。
さすがに一度来た道に戻れるとスムーズである。

しばらく走って十和田市に入ると田中が○○倉庫の看板を発見。
弘前市内にもある中古品の店である。
後ろの2人は寝てしまっているし、ついでだから行ってみようという事になった。

走る。

しばらく走る。

「店長、これだけ走って無いって事は間違ったかも知れないですね。」

また迷子である。

さすがにこれ以上、迷子にはなりたくなかったのでコンビニで道を聞く事にした。
駐車場が満杯だったので田中に聞きに行ってもらった。

「店長!わかりましたよ!!この道を戻って二つ目の信号を左折です。」

○○倉庫に行ける嬉しさか、道がわかりやすくて嬉しかったのか、田中にしては珍しくハッキリと告げた。

二つ目の信号を左折するとちょうど帰りに通る道であった。
ラッキーである。

走る。

○○倉庫はまだか?
大きい店だと思うので当然すぐに見つかるだろうと思いながらも、私と田中は左右をキョロキョロしながら走っていた。

更に10分ほど走る。
田舎の道でほとんど信号にも止まらずに10分という事は、10km近く走ったのではないだろうか?

しばらくすると田中が話しだした
さっきまでとは違いテンションが低かった。

「店長、自分右と左、間違えたかもです....。」

いくらなんでもコンビニで聞いて助手席に戻る間に間違える事は無いだろうとは思いながらも、『田中だしな』という気持ちもあった。

コンビニの店員さんには悪いが、間違った道を教えられた事にしてそのまま帰る事にした。

弘前に帰ったのは午後11時。
私の携帯にGPSが付いていた事に気づいたのも同じ時刻である。

今度はナビと地図を用意してリベンジしようと思う。


PR
ようやく八戸到着後の話である。

市内の土地勘が全くないので知り合いの店を訪ねて行った。
『八戸市内の店は郊外に移っている所も多く、ここはオススメッ!って所も特にないなあ』という事だった。
まあ、せっかくなんで当然ウロチョロとするのだが、やはり土地勘が無いので穴場というような店は見つからなかった。

そんな中、ファッションビル系の建物の1階でシルバーを売っている店を見つけた。意外に安い。わずかだが1000円のコーナーもある。

これは長くなるだろうなと覚悟を決めていたのだが、意外にもあっさりと『もういいです。』の一言。

デザインが気に食わないのか我慢を覚えたのかはわからないが、10分もいなかった気がする。

とりあえず時間も無いので地階にあった古着屋に行ってみたが、ここでも買う物はなかった。

エスカレーターで1階に戻ると田中はさっきの店へまた向かった。
さっきとは違うコーナーを見始めたのだが、やはり買い物はしなかった。

その後、市内で飯を食って郊外のトイザらスやヨーカドーがまとまっているショッピングモールに移動。

まあ、大体予想の出来る商品ばかりだったので、ウロウロするだけで特に買う物はなかった。

でっ、そろそろ帰るかって所で100円均一のお店があったので、青森県の地図を捜すために中に入った。
やはりそこでも青森県の地図は売り切れだったので、外に出ようとしたのだが入って来た自動ドアには『こちらから出る事は出来ません』の文字が。

出口はどこだ?とキョロキョロするが見つからない。
悩んでいる所に買い物を終えたお客さんが『出る事が出来ない』自動ドアへ向かった。

自動ドアはあっさりと開き、外側のもう一枚の自動ドアに文字が見えた。

『ありがとうございました。またの御来店お待ちしております。』

なめてんのか!100円○○ソー!!


ようやく外に出て車に乗り込んだ。
右に進むと帰りの方角なのだが駐車場からは左にしか曲がれないと書いてある。
『どっかでUターンするしかないな。』と思っていると、前の車があっさりと右折。

はいはい。わかりました。右折しちゃっていいんですね。

ここから延々と迷子になるとはこの時には思ってもいなかった。
続きというか八戸遠征ラストはまた次回。


八戸へは行きが黒石市から八甲田経由で十和田市を抜けるコース、帰りは三沢市へ抜け十和田市から七戸へ抜けて有料道路を使って帰る予定である。
結局、私の車で向かう事になった。

田中は地理が弱い。三沢市が五所川原市の隣だと思っていた男である。
私も方向音痴って事で100円ショップで地図を買う事にした。

ところがどこの100円ショップでも青森県地図が見つからない。
今回の遠征の目的に青森県地図を100円ショップで手に入れるという目的も追加になった。

運転手が私、助手席に田中、後ろにRちゃんと友達のHAちゃん。
私の中ではもう一つ、今回の遠征での目的があった。

『田中が女の子と会話する。』

何だ?普通に話してんじゃん!って思うかも知れないが、田中を観察していると年上の女性の方とは話せるのだが、同年代の女の子とはほとんど会話をしないのである。会話をしていたとしても話題が無くなるとどこかへ逃げていく。

今回の旅行中に少しは女の子のいる空気に慣れさせようと思っていた。

それは城ケ倉大橋で降りた後から始まった。

「じゃあ、場所交代。田中が後ろでHAちゃんが助手席。」

Rちゃんだったら面識があるので話しやすいだろう。

あっさりと会話が始まった。
主にテレビの話と漫画の話だが普通に会話している。
やれば出来るじゃん!

次の休憩地点でトイレに向かった。

「店長!自分、場所を交代して欲しいんですけど。」

「おう、いいよ。」

田中の言う場所交代は助手席に戻りたいという意味だとわかっていたが、HAちゃんとRちゃんの場所を交代して強引に出発した。

これまた意外にあっさりと会話は始まったのだが、ここでも会話はテレビの話と漫画の話。どうやらそれ以外に話す事がないようだ。

やがてネタは尽きたようで静かになった。

後ろを振り向くと『寝てやがる!』

田中風に言うと『ポケッー』っとしていたのかも知れないが、私には寝ているようにしか思えなかった。

こうなってくると運転手の私が厳しくなってくるので、十和田市を過ぎたあたりで田中を助手席に戻した。

次回に続く。


順序が逆になってしまったが今回は八戸に行くときの話。

私と田中がダーツ兄弟と呼んでいる兄弟がいる。
弟は弘前なのだが兄の方は転勤で八戸にいる。

「田中くん、八戸でお兄ちゃんの所に行ってみようか?」

「いいですねぇ〜。」

「今日、仕事かなあ?田中くんメール送ってくれる?」

私は自分の携帯電話を渡そうした。

「大丈夫ですよ。自分アドレスわかりますから。でも出勤か聞いてわかりますかねぇ?」

また理解に苦しむ事を言う男だ。
今日が仕事か休みかわからない訳がない。
田中自身だって自分が出勤日かわかるはずである。

「出勤かどうかわからないはずないだろ?」

「そうですか?でもお兄ちゃんが休みでも弟の方が仕事だったらメール出来ないかも知れないですよ。」

ここでようやく私も気がついた。

「なんで弟にメールするんだよ!お兄ちゃんにメールすればいいじゃん!」

「あっ!なるほどですね!」

こうして八戸遠征が始まった。


 

(PC&携帯)


八戸に行った時の出来事をいろいろ書きたいとは思うが、仕事が残っているのでまずは軽いやつで。

八戸市内の飲食店でメニューを見ながら。

「えびドリアで」

田中はさんざん悩んでカウンターのお姉さんに注文した。
4人でお店に入ったので私の他の2人が注文している間に田中は言った。

「ドリアって何ですか?」

頼む前に確認しろよ。


行きの車の中で。

電話がかかってきた。
私は運転中だったが田中も知っている人だったので電話を変わった。

「どうもどうもお久しぶりです。」

「サボッてないですよ〜」

田中の声しか聞こえないが確実にイジられているようだ。

「ムジコ?」

明らかに疑問系であった。

「ムジコって何ですか?」

「どっかの名産か何かですか?」

「いや、わからないですよ。」

田中の声しか聞こえないが頭の中には無数のはてなマークが浮かんでいるようだ。

「あ〜、ムジコですか。どっかの有名なお土産かと思いましたよ。」

電話後の田中の話を聞くと相手が『お土産は無事故で』と言ったのを、どこかの名産品で『ムジコ』という物があるのだと思ったらしい。

前後の会話でわからないのか?



先月末にビリヤード場の店長K沼さんから電話がかかってきた。

「13日の土曜日の夜は絶対空けておいて下さい。」

「何で?」

「JBAに出て欲しいんですよ。夜7時からなんで田中くんにもぜひ出てもらうように言って下さい。」

「うん?JBAって何?」

「J部長何とかかんとか←(忘れました)の略で景品をJ部長が用意して、それを阻止するためにJ部長が戦うんです。16人限定で全員に景品があるんですよ。オモチャなんかも出るんで田中くんにもぜひ出て欲しいんですよ。」

要は常連さんのビリヤード大会で景品をJ部長の私物から用意するらしい。

それを田中に伝えると「ちょっと遅れるかも知れないですが出ます!」という返事だったので、エントリーする事になった。

このJ部長、田中の携帯電話のグループ分けで『偉い人』より更に上のカテゴリに入っている人で、時計やらZIPPO、スニーカーなどのコレクター。以前は田中の大好きなフィギュアも集めていた。
負けず嫌いな正確のため、『何?これ?こんなの出てるの?』と言われるような物までコレクションしてるのだが、改築で場所移動した時に処分する物が出たらしい。

そして昨日。遊びに来た田中が忘れていないか確認した。

「はい、大丈夫ですよ。やっぱり遅れるかも知れないですけど。」

「全員に景品あるらしいし、フィギュアを選ぶのは田中しかいないから負けても大丈夫だしな。あっ、そう言えばエントリーフィー2000円じゃなくてもう少し高いみたい。」

実際には3500円かかるそうだ。高いから悩む田中を予想していたのだがその答えは意外だった。

「別に高くてもいいですよ。」

えっ!?
飯を食う金があったらフィギュアを買うお金にまわすと断言する男が何で?
その答えはその後に続く田中の話でわかった。

「いやあ、それにしても楽しみですねぇ〜。前にJさんから聞いたんですけど、日本に1体しかない物や試作品も持っているって言ってましたからねえ。いや楽しみです。」

そう言うと田中は満面の笑みを浮かべてニタニタしだした。

なるほどね。だったら3500円でも高くない。
だが、そんな貴重な物が景品に出るとは誰も言ってないし、田中の勝手な想像である。

そう言えば福袋の1週間前から楽しみで仕方ないとニタニタしている男である。
私には田中の夢を壊す事は出来ないが、商品をもらった時の田中の反応がとても楽しみである。

*これを読んでいる田中の会社の皆様。
何とか次の土曜日は少しでも早く終わってくれれば助かりますm(__)m


田中の職場に修理の車が入ってきたそうだ。
その車はひどく潰れていて自走出来ない状態だったらしく、JAFの車が運んで来たそうだ。

それを見た田中は『なんまいだぶ、なんまいだぶ』と手を合わせたそうだが、会社の先輩に「死んでねーよ」と怒られたそうである。


仕事が終わってから近くのCDを売ってるお店に田中と一緒に行った。

私は聞くアーティストがある程度決まっているので知り合いのCDショップにずっとおまかせで頼んでいたのだが、そこが無くなってからCDを買っていない。
情報すら無かったので気になるCDがたくさんあった。

あまり試聴機を使った事が無いため、田中に操作方法を教えてもらい先にチェックしていた。
聴き終わってそのCDのコーナーに向かったのだが、もしかしたら田中が持っているかも知れないので確認してみようと振り返ると田中は試聴機を使っていた。

なぜか店員さんも試聴機を使っている田中を見ている。

とりあえず後からでいいやと思いながら他のCDを見ていると、また気になるCDが置いてあった。これは聴いてみたい!
もう一度試聴機へと向かった。

田中は別なコーナーへ行ったみたいだ。

アーティストを選んで、アルバムを選んだ。試聴機の使い方は簡単なようで一人でもすぐに使う事が出来た。

再生スイッチをポン。

『ウキャキャ、キャ、キュラキュラ、チュイーン!?』

びっくりした!
試聴機のボリュームがマックスらしい。

『音量にご注意ください』と試聴機にも表示されている。
もう少しわかりわすく表示してくれればいいのに。

そういえば田中はヘッドフォンを外していても、ガチャガチャ聞こえるくらいの音量で聴く事を忘れていた。

店員さんもそれで振り向いていたのか。

田中の後に試聴機を使う時は注意である。

田中は毎週月曜+月に2回希望を出して休む事が出来るらしい。

連休だった事もあり前の月曜日は忙しかったのだが、田中が来て手伝ってくれるだろうと思っていた。

だが田中の来る時間ほど予想出来ない事はない。
閉店間際に来られても仕方ないので早めに来てもらうようにメールを送った。

『田中くん、何時ころ来るの?』

返信がない。
夕方になって電話がかかってきた。

『すみません!今日、会社の運動会みたいな行事があって、それに行ってるんです。』

そういえば前にそんな事を言っていたような気がする。
すっかり忘れていた。

翌日も休みだった田中はお店にやってきた。

「昨日はすみません。」

「どこでやってたの?」

「十和田の方でやってました。久しぶりに弘前支店がトップになったみたいです。」

田中は話を続けた。

「それでその優勝した先輩に『来年は君たちの番だな。』って言われたんですけど、自分は返事しませんでしたよ。」

うん、田中らしい。うそでもいいから頑張りますって言えばいいのに。
更に田中は話を続けた。

「かからないエンジンを早くかける競争とかやってたんですけど....。」

「ちょっ、ちょっと待った!!昨日は運動会じゃないの?」

「技能コンテストっていうやつに行ってました。」

運動会とはちょっと違うんじゃないかと思うのだが...。



田中とラーメンを食べに行った。
田中は辛そうなラーメンを注文していた。

運ばれて来たラーメンを口にした田中はムセ出した。
大げさなヤツだなと思いながら一口もらったが本当に辛い。

『モンブランが苦い』だとか参考にならない事を言う男ではあるが、今回のラーメンに関して『喉に噛み付いてくる』と言ってたのは表現がピッタリだなと思った。


前のページ    HOME    次のページ

Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory
photo by Spica*port    icon by Egg*Station

忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
[03/26 JUNK SHOP REBEL]
[03/24 you☆]
[02/12 JUNK SHOP REBEL]
[02/12 ken]
[09/16 JUNK SHOP REBEL]
プロフィール
HN:
JUNK SHOP REBEL
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
カウンター